NSフロアハード(日本化成)

NSフロアハード(日本化成)  露出仕上げ可能床専用補修材

販売価格 通販サイトよりご確認下さい。
※ご購入は店舗(アクセス)で直接お受け取りいただくか、配達になります。
ご注文およびお見積等のお問い合わせは通販サイト注文、問い合わせフォームをご利用下さい。
特徴
・ 仕上り色はコンクリート近似色であり、露出仕上げが可能です。
・モルタル仕上げ材として通常の薄塗り補修用モルタルを使用した場合、軽量骨材を使用しているため、強度はあまり強くなく割れや摩耗などの問題が起こりやすいです。しかし、NSフロアハードは重量骨材を使用しているため表面強度が高く、耐摩耗性に優れており人・車等が通る場所など強度を必要とする場所への露出仕上げに最適です。
・ 刷毛引き仕上げ・こて押え仕上げが可能です。
・接着剤を混入している一材化製品のため、缶・ボトル等の廃材が出ません。また、工場生産による均一配合のため、水練りだけで使用でき、品質管理が容易です。
関連商品
適用下地
コンクリート、モルタル等
仕様
・標準塗厚は 2~5mm厚です。薄塗り用の材料です。
・標準施工面積は4mm厚の場合約4㎡となります。
施工方法
①下地の清掃を行います、この時必要があれば不陸調整も行います。下地のぜい弱層・レイタンス・油分・汚れ等を研摩機または高圧洗浄機を用いて研摩除去し、健全なコンクリート面を露出させてください。
*NSフロアハードは設定塗厚が2~5mmですので、2mm以上の塗厚を確保するように留意してください。
②下地処理を行います。下地吸水調整剤(ハイフレックス等)を塗布します。下地乾燥後、不陸調整が必要な部分にNSハイフレックスHF-1000の5倍希釈液を刷毛で塗布し、不陸調整厚5mm以下の場合はNSフロアハードで不陸調整厚5mm以上の場合はNSポリマーミックス#30などを使用して不陸調整を行ってください。*NSフロアハードの塗厚が異なる場合、押えムラ・色ムラが発生しますので塗厚が均一となる様にしてください。
③NSフロアハード25kgに対し水約4.5を加え、モルタルミキサーやハンドミキサー等で混ざます。
④こて圧をかけて下地に擦り込むように塗り付け後、所定の厚さになるよう塗り付けてください。仕上げは金ごて仕上げ、刷毛引き等をおこなってください。
施工動画