フローレベラー(床用)

セメント系セルフレベリング材

販売価格 通販サイトよりご確認下さい。
ご注文およびお見積等のお問い合わせは通販サイト注文、問い合わせフォームをご利用ください。
用途
  • 塩ビタイル、長尺シート、クッションフロア、木質系床材等の貼り床の下地。
  • 畳、カーペット、じゅうたん等の敷床の下地
特徴
  • 優れたレべリング性・・・セルフレベリング性に優れ、流し込みと簡単なならしだけで仕上がります。
  • 工期短縮・・・ミキサーと圧送ポンプの使用で大幅な工期短縮と省力化が可能です。
  • 優れた耐久性・・・セメント系の為、硬化後は強度・耐久性などに優れています。
適用下地
  • コンクリート、モルタル
仕様
  • 正味重量   25kg/袋
  • 施工厚み  5mm~20mm
  • 標準加水量 6ℓ~6.5ℓ
  • 標準施工面積 約1.55㎡(厚み10mm)
使用方法
① 下地調整・・・・下地のレイタンス、油分、ほこり、接着剤(黒のり)等は、接着不良の原因となりますので、丁寧に除去・清掃して下さい。コンクリート上のレイタンスや雨に打たれた脆弱部は、サンダー、ポリシャー掛け等で完全に除去し、健全な下地面を露出させて下さい。
② レベル出し・・・仕上げ面を表示するために墨出しをし、レベルポイント(あたり)を設置して下さい。
③ プライマー塗布・・・プライマーを塗布し、十分に乾燥させてください。
④ 練混ぜ・・・所定量の水を高速ミキサー等に入れ、3分間以上練り混ぜて下さい。
⑤ 流し込み・・・練混ぜしたフローレバラーを部屋の隅から順に流し込みトンボか金ゴテでレベルポイントに合わせて均して下さい。※流し込みは、練り混ぜ後20分以内で行って下さい。※塗厚20㎜以下で使用下さい。     
⑥ 養生・・・硬化するまでは直射日光・雨・風を防ぐために窓を閉め切って下さい。通常は翌日歩行可能ですが、冬場は2昼夜以上の養生を要します。十分に硬化するまでは荷重、振動、衝撃等を避けて下さい。貼り物仕上げまでの養生期間は夏場7日以上、冬場14日以上設けて下さい。